スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚活・恋活イベント ハッピー・ローズ

婚活・恋活イベント ハッピーローズ



「合コン以上、お見合い未満」の出会いをプロデュースしています。新しい恋活始めませんか?












2014/5/11(日)13時~ 淀川河川公園 バーベキューパーティー 終了







2014/4/20(日)13:30 大阪市北区アプローズタワー13F8号室 婚活パーティー 終了 





人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

婚活パーティーでカップルになる方法⑤

どーもです。

最近、休みの日は眠りについています。まっちゃんです。



実は婚活パーティーでカップルになる方法についてですが、あんまり書けてない気がしますね。

いちおー前回までで婚活パーティーの内容については終了です。

今日はおまけチックな記事です。


ちなみに前々回の記事に書いた、最初子からは後日LINE来ました。



line1.jpg


line2.jpg




まあアパギャルとカップルなってたし、めんどくさがりなんで切りましたが・・

婚活パーティーは連絡先渡してもほとんどは効果ないと思うんです。

だいたい渡そうと思う相手は、ほぼカップルなってまいます。

効果あるとしたら、こういうアホ というかパニックなってる子ですね。

相手がパニってる時に、タイミングよく話したのがよかったんでしょう。



別の話ですが、後日アパギャルと話しててわかった事ですが、ぴちょん君はインプレッションでアパギャルを1位指名していたみたいです。

「俺ぽちゃ子にしか興味ないから」って言うてたのが印象的ですねw

それ故に俺に絡みがち、やったのかどうかは結局不明です。

でもどっちにしても、合コン行きまくっているぴちょん君はショボ腕すぎて敵ではないです。

年収ではボロ負けですがw 

だいたい合コン行きまくってる時点でモテてないですしね。


というわけで、いきなり結論ですが


婚活パーティーでカップルになる方法




【他の同性参加者に勝つ】




という事です。

次回そこらへん書いていきたしです。





人気ブログランキングへ





婚活パーティーでカップルになる方法④

どーもです。

少し前ですが1年ぶりくらいに合コンてやつに参加してみました。

【生産性がない出会い】と思っていたので、昨年1年間は行かなかったんです。

しかし、久ぶりに行ってみると・・・

めちゃ楽しかったですw

まっちゃんです。




前回のつづき、もう4回目ですね。


居酒屋に4人で入り乾杯

ぽちゃ子:「席どう座ろ?」

俺ではない誰か:「俺ぽちゃ子にしか興味ないから前座ってや!」

アパギャル:「・・・」

まっちゃん:(きもいきもい!言う必要ある?それ?)


女性   女性
テーブル テーブル 
男性   男性


のフォーメーション

で乾杯


どーでもいい自己紹介から

俺ではない誰か:「ぴちょんです。 出禁工業で働いてます」

まっちゃん:「スゲー! 一流企業やん!年収高そー」

とりあえず、てきとーにほめる俺

ぴちょん:「うちはいいよ 出世したら年俸制なるし」

まっちゃん:「ごちそーさまでーす」

ぽちゃ子:「年俸制ってなに?」

まっちゃん:「ボーナスでーへんやつやで~」

ぴちょん:「年収高くなるねん」

ぽちゃ子:「ふーん」

ぴちょん:「でも、今日のパーティーで年収180万の男おったやろ!」

ぽちゃ子 アパギャル:「えー!おったっけ?見てなかったー」

うそをつく女性陣w

ぴちょん:「俺フリータイムで男性が集まるときに、プロフィールシート見えた奴180万て書いてたで! 絶対フリーターやんって思って、ちょっと笑ってもーたわ」

アパギャル:「うそー誰やろー」

ぴちょん:「月15万でボーナスなしやでw あかんやろ来たら!」

まっちゃん:「へー!男性まったく興味なかったからいっこも見てなかったわ」
(全国のフリーターに謝れ!)

その後もぴちょん君による、【高年収自慢】の話。

飽きたので、アパギャルと2人で話しだす俺!

アパギャル:「今日は何で参加したーん?」

まっちゃん:「ひまやったからやで~」

アパギャル:「チャラ男だ~」

まっちゃん:「誰がチャラ男やねんっ!」

とかのトーク 

しばらくすると・・・。

ぴちょん:「見て彼の腕(←まっちゃんの腕の事)すごい細いやん!」

まっちゃん:(うわ~!なんかしらんけど、めちゃディスられてるんですけど~!)

ぽちゃ子:「腕がっしりしてるよね~ 筋トレかなんかしてるん?」

ぴちょん:「全然やってない!仕事で自然と腕がっしりするねん!」

こんな感じでちょいちょい、こちらに絡んできます。


しばらくして

ぽちゃ子:「トイレ行ってくるね」

アパギャル:「じゃあ私もいこー」


ぴちょん君と2人タイム



うっすい話 



ぽちゃ子 アパギャル帰ってくる



ぽちゃ子:「どう? 2人友達になった?」



まっちゃん:「!?」


























friend.jpg






まっちゃん:「いやいや・・・(-_-;) 知人の結構手前やで」



ぴちょん:「他人やな」



でまた、アパギャルと話す



ぴちょん:「彼(←まっちゃんの事)はまだ未来のある若者やから」といいながら肩ポンポン

また絡んでくる

どうやら、また年収の話しているようで!
前はパナソニツクやったけど、引き抜かれて出禁にきた話(ドヤ顔)

まっちゃん:(ぴちょん うぜー)



で、そのまま閉店で終了
何故かおごってくれるぴちょん君(^◇^)




ぽちゃ子 ぴちょん と アパギャル まっちゃんに分かれて駅に向かう。


しかし、駅からは何故かまっちゃん・ぴちょんが同じ沿線で一緒に帰る事に



ぴちょん:「どうやった?」

まっちゃん:「何が?」

ぴちょん:「最後、わざと早めに前歩いて2人にしたったやん!」

まっちゃん:「俺もわざと遅めに歩いてたんやけど、そうやったんや(恩着せがましっ!)」

ぴちょん:「何はなしてたん?うまくいきそー?」

まっちゃん:「別にふつうやで、そっちは何はなしてたん?」

ぴちょん:「そっち2人うまくいくかなあ?って話 彼まじめそうやし、いいんちゃう?って言うてた」

まっちゃん:「何それ!(暇なの?)」

しばらく話す



電車降りるちょい前


ぴちょん:「今日中にあの子に連絡せなあかんで!」


まっちゃん:「??」


ぴちょん:「あの手の子は今日中に連絡せんかったら、返信こーへん確率高くなるから」


まっちゃん:「えっ?俺は明日の昼くらいでいいと思てんねんけど・・・」



ぴちょん:「いやいや・・・(;一_一)
コンパ行きまくってる俺から言わせてもらうと・・・
間違いなく!その日のうちじゃないとダメなタイプの子やで-!(バカかお前は?)」




まっちゃん:(何その枕言葉!)
「その日のうち連絡する必要性ないと思うんやけどな~」



ぴちょん:「まあ自分がそれでいいんやったらええねんけどな(´-ω-`)
いちお~、今日中をおすすめしとくわ!ほな!」




言いたい事だけ言い放って、降車する ぴちょん君



まっちゃん:(めちゃめちゃ上からやったなあ! とりあえず、家帰ったらそっこー寝よ!)




で、なんもせず寝るおれ




次の日



朝の電車にて



携帯出す



まっちゃん:(そいや、その日の内じゃないと返事こーへんて言うてたよなあ・・・あいつ)



LINE



起動する








































アパギャル
「ぉ疲れさま~
○○番のアパギャルなり~ 」
1:23AM










人気ブログランキングへ







婚活パーティーでカップルになる方法③

どーもです。

知らないうちに、アムウェイのホームパティーに参加していたまっちゃんです。




前回のつづき


スイーツを食いに行く話です。

このパーティーでは真ん中にテーブルがあり、お茶とお菓子が置かれていました。

二回目のフリータイムのはじまりと同時、ロケットスタートでそのテーブルに近づき、お菓子をえらびます。

すると、アパギャルとポチャ子もお菓子に近づいてきます。

アパギャル:「これなんやろ?」

ポチャ子:「わからーん」

まっちゃん:「これシューアイスやで」

アパギャル:「たべたーい」

まっちゃん:「食たらええやん! こっちのもうまいで」

アパギャル:「スイーツ男子ですか?」

まっちゃん:「まあまあ好きやで スイーツ女子?」

アパギャル:「めっちゃ食べますね~」

まっちゃん:「ほな、いっぱい持っていったらええやん むしろ持って帰り」

アパギャル:「持って帰ろw おうちご飯にしよーw」

とかの絡み。


インプレッションの結果でアパギャルが1位指名してくれていたので、スイーツついでに軽く絡みに行きました。

まあお互い1位指名なんで変なことせん限り大丈夫でしょう。




ちなみにインプレッション結果 上位指名した女性の結果
(このパーティーではインプレッションの結果解析シートがもらえます)


1. アパギャル 
1/3以上の男性が指名しています。
(ギャルだけにコアなファンがいそうですね、でも俺は1位指名されてるので余裕がもてます)

2. 最初子 
ほぼ全員が指名しています、天使の様な人です。アイドル級の人気です。
(俺は、まったく指名されていません。圏外っス)

3. 7番目子 
1/3以上の男性が指名しています。
(俺は、まったく指名されていません。圏外っス)


こんな感じに仕上がっていましたが、何故か男性人気ランキングでは1位に輝いていました。
きっとこの日の他の男性は雑魚ばっかやったんですねw

フリータイムの残りは三回 完全着席型で、男性から選ぶのが2回 女性から選ぶのが1回です。


1回目、アパギャル行く予定やったんですが、すんごい勢いで席に座っていった奴がいたので7番目子

2回目にアパギャル   寒い男と熱い男の話。

最後 飲食店で働く子   もらいタバコの話


終了後にカップリングカードを書き優先順に3名まで記入し、提出します。


帰る時に封筒をもらって、カップルなっていれば結果が入っています。

もちろんこの時、俺はカップルになりました ( ̄^ ̄)


アパギャルです。


そしてエレベーター前にてお待ちくださいと書かれていたので待っていました。


ポチャ子とアパギャルが二人でエレベーター前まで来ます。


そして男性から声をかけて下さいのアナンスがあったとおり、声をかけます。


俺ではない誰かが!です。




まっちゃん:「・・・(゜_゜>)」




な な なんと・・・! 




ポチャ子が意外にもカップルになっていたのでした(← しつれー)



しゃーないので俺も声をかけます。

4人で話しながらエレベーターを降りていきます。

まっちゃん:(まあポチャ子もカップルなってるんやったら、2:2でセパレートできていいか!)
と思う俺


エレベーター降りる

ポチャ子:「どうするー?」

俺ではない誰か:「いこいこー!飲みにいこーやーーー!」

まっちゃん:(おおー!こいつすっごいノリノリやなあ~! この調子やったら勝手にセパレートしそーだw)

ポチャ子:「何人で?」

俺ではない誰か:「4人でいったらええやん」

まっちゃん:「・・・」

ポチャ子:「じゃあそうしよっか 何食べるー?」

俺ではない誰か:「ここやったら・・・ あっこのステーキは?」

ポチャ子・アパギャル:「いいねー」

まっちゃん:(そんな金持ってきてないわーー!やめろ!ゴルァーーーー!<(`^´)>)

ポチャ子:「まっちゃんどう?」

まっちゃん:「あんまりやな 普通にとなりの居酒屋にしよ!」


こうして、まさかの4名で居酒屋に行くことになりましたw


つづく




人気ブログランキングへ





婚活パーティーでカップルになる方法②

どーもです。

どうやら胃腸炎で餓死目前のまっちゃんです。



前回は本気で婚活している方々には、すごく参考になった記事でしたねw

前回の記事で得るべき教訓は「ふざけ過ぎてはいけない」という事です。

これだけで、モテモテになることでしょう!

カップルになった女性とパーティー後にご飯行った時にもみんな言うてました。

人気が高かった男性は結局普通の人らしいです。



前回のような記事を何回も書いても仕方がないと思うので、間は端折ります。

最初に行ったやつで、学習能力がある俺は「ふざけ過ぎてはいけない」を気にとめ、真剣に挑みました。

初回はたまたまカップルなったので、カップルになったバージョンの流れや書類がどうなっているかがわかりましたが、なれなかったら全く不明やった事に気が付いたからです。

そして最後に行った婚活パーティーのお話デス!



前記事とは違う業者、服装はスニーカー、ジーパン、シャツ(← 舐めてる?)で行きました。

会場は全席見晴らしのいい感じ~ 3分ずつ 13対13 総当たり戦(自己紹介タイム)からでした。

まず席についたらプロフィールシートというのを書きます。

名前 年齢 住所 職業 学歴 年収 などなど

それを女性の方と交換し、相手の基本情報を得てから話ます。



一人目は胸が大き目、清楚系、顔も平均以上です。

会話はてきとーですが、ふざけ過ぎないように注意しながら話しました。



二人目はコールセンターで働く興味なかった子ですw

コール子:「これ住ノ江?」

まっちゃん:「はい、知ってます?」

コール子:「聞いたことあります。なんか言い方悪いけどあれですよね」

まっちゃん:「悪いですね~それは」

コール子:「まだ言うてないw  競艇とかのあれですよねCMでやってる」

まっちゃん:「そうそうそうそうそ」

コール子:「行ったことないですけど」

まっちゃん:「まぢで! それは行ってください!さすがに!」

コール子:「行ったことあるんですか?」

まっちゃん:「ないです」

コール子:「てきとー」

まっちゃん:(これ!あかんやつやわ!次からちゃんとしよう)



三人目:さっきのコール子友達 比べると、こっちの方がちょいましです。

まっちゃん:「おっ!みずがめ座ですねー。」

まし子:「・・・」

まっちゃん:「まあ、みずがめ座のエピソード特にないんですけどね」

まし子:「ひゃははははは」

まっちゃん:「めちゃ笑ろてるやん」


はい!あかん流れです。

でもこの子は例外!始まる前から目ビーム来てたんで、きっとイケメンに弱いやつですねw



四人目からはふざけちょい抑えました。



九人目:アパレル ギャル系 
ギャルが好きか嫌いかで分かれるとこですが、このパーティー内では頭1つ分抜け出てる可愛さです。

まっちゃん:「まっちゃんです」
(こんな子婚活パーティーに来ることあるんやなー!)

アパギャル:「珍しいですねw まっちゃんて まちゃもと とかじゃなくて まっちゃんなんですね 初めて会いました」

まっちゃん:「ほんまですかー? でもネット調べで1500世帯くらいありますけどね」

から始まりました。

俺はギャルが好きでも嫌いでもないんですが、ギャルからはあんまりモテたことないんです。
知り合いのギャル男にも、ギャルうけしないタイプと太鼓判おされてました。
そしてこの時こう思っていました。

‘壁を超えるチャンス’
 
全力をつくしました。
バンジージャンプと逆バンジーについての話を全力でw



10人目:アパギャル友達(ギャルではない!)ぽっちゃり系

ポチャ子:「めちゃ若く見えますね?」

まっちゃん:「ほんまですか? 若いですよ!」

ポチャ子:「若いですよねー。 なんですか?これ?」

まっちゃん:「知らないですか?○○○○○士って読むんですよ!それ」

ポチャ子:「うーん 知らないです」

まっちゃん:「あの、病院わかりますか? 病院で○○やる人」

ポチャ子:「ふーん」

まっちゃん:「うわー諦められた!」

ポチャ子:「えー わかんないかもしれない」

まっちゃん:「病院で○○図とか、わっかるかな~? わっかんないだろ~な~?」

ポチャ子:「わかるわかるー めちゃ、ばかにされてるー!」

こんなしょうもない会話を永遠やるんです。
ふざけたくなると思いません?



全員と話終わったあと、 好印象の順に6人までインプレッションカードに記入し、提出します。

俺は 1.アパギャル 2.最初に話した子 3.7番目に話した子  

その他はてきとーに書いて提出しました。



その後、司会よりメッセージカード(相手に連絡先を渡せるカード)の記入を促されます。フリータイム時にいつでも渡せるそうです。

まっちゃん:「書く気ないやん!」

全くメッセージカード書く気がない前にいた最初子に突っ込みを入れておきます。

最初子:「はずかしいw」

まっちゃん:「どうでもいい感じ? 特にいい人おらんかったん?」

最初子:「そんなことないw」

まっちゃん:「めんどくさい?」

最初子:「・・・」

まっちゃん:「こんなん書いてるようなやつはダメ?」

最初子:「www」


司会:フリータイムスタートです


さっきの流れで最初子とまず話します。

最初子:「気まずい!これ直接渡すんですよね」

まっちゃん:「書いてへんし、その心配ゼロやん! 渡しとくわ」

メッセージカードわたす。

まっちゃん:「トイレいくタイプ?」

前半2回のフリータイムはトイレタイムも兼ねています。

最初子:「行かないですw」

で、てきトーク



フリータイム1回目が終わるくらいにインプレッションの結果がわたされます。

その後、パートナーチェンジでフリータイム2回目。

ここでインプレッション結果をチラ見して余裕でスイーツを食べに行きますw
(このパーティー何回か来てるんで、スイーツチャンスはここやと知ってました)


つづく



人気ブログランキングへ




プロフィール

happy.rose

Author:happy.rose
ブログは恋活力upメインの記事になっておりますが、
婚活恋活イベントをやっています。

ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。